スポンサーサイト

  • 2019.07.08 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    Craft Fair @ Lyndhurst

    • 2017.09.16 Saturday
    • 09:56

    9月15〜17日の金土日に クラフトフェアがTarry TownのLyndhurstというお屋敷の広大な芝生広場で開催されます。

    毎年春と秋の2回、NY郊外の街で開催されるのですが、私の家からだとこの会場が一番近くて行きやすい。

    http://lyndhurst.org/events/fall-crafts/

    http://www.artrider.com/spring-crafts-at-lyndhurst-2017

     

    実は昨年秋にも娘と二人で訪れました。

    カシミア藍染めのストールや、チェリーウッドの小さな手彫りのスプーンなどを購入。

    見ているだけでも手作りのヒントをもらったり、手仕事の細かさに見惚れたり。

    食べ物の出店もあるので、美味しいものも食べて秋の週末を楽しみました。

     

    今年はへそくりも持って、保冷バッグも持って準備万端で初日の朝いちに行ってみました!

     

     

    すでに芝生広場には車がずらり。

    気温もあがり、屋外のイベントには絶好の天気です。

     

     

    入場にはチケットを購入します。このチケットは登録すれば金、土、日の三日間通して使うことができます。

     

    クラフトの出展者は、ジャンルも様々。木工芸、陶芸、編み物、衣類、革製品、金属アート、ガラス製品、アクセサリー、などなど。どれもオリジナリティーに溢れています。

     

     

    ひとつひとつ覗きながら歩き回った末、

    陶器のお皿を購入。

     

     

    Connor McGinnという作家さんの作品です。

    実は彼の作品は、以前ランチに訪れたThe Twisted OakというTarry Townのレストランで目にとまり、以来ずっと気になっていました。

    The Twisted Oak 

     

    どことなく和風の、素朴で料理を引き立てる温かみのある食器。

    作家のお名前を聞いたら、レストラン用に主に製作していて小売のお店は持っていないということだったので、購入は無理かと諦めていました。

    それだけに今回フェアに出店していてくれてとても嬉しかったのです。

     

    Connor McGinn Studio

     

    作家本人とおしゃべりしながら実際に作品を手にとってじっくりと選ぶことができ、大満足。

    値段も$40と決して高くはないと思いました。

     

    早速 夕食のいなり寿司を盛り付けてみたりして。

     

     

    食器は山ほど持っているからもう要らないでしょ〜〜、と言われそうですが、

    使うたびに思い出せるストーリーのある食器はいいなぁと思うのです。

    ニトリやイケアや無印良品の実用的な食器ももちろんいいけれど、こんな風に出会いがあって私の所にやってきた食器も大好き。

     

    20年ほども前にPittsburghに住んでいた時に、なんとなく惹かれて青磁によく似た大きなサラダボウルを購入しました。

    日本ではなかなかないサイズの大きな深鉢。聞けば、Irelandの作家のもので、アイルランドの陶芸には青磁のようなものがあるのだとか。

    今もその鉢を使うたびにPittsburghに住んでいた時のことや、購入する時に随分悩んであれこれお店の人に相談したりしたことを思い出します。

     

    そして今日、もう一点購入したもの。

    またまた食器ですが、Walnut材の浅いボウル。菓子盆というのがぴったりかな。

     

     

    糸底ではなく、底がきれいに斜めに削ってあります。手にしっくりと馴染む感じがとても良い。

    和菓子を置いてもいいし、パンを乗せるのもいいかも。

    あれこれ考えて使うのが楽しみです。こちらもこの品質で$50はお得だったと思う。

     

    木材の食器の手入れには、walnut oilを使うと良いと教えてもらいました。

    気さくな作家さん、Douglas Morrisonさん。

    形を工夫した使いやすそうな木べらなど、他にも素敵な作品がたくさんありました。

     

     

    工夫を凝らした工芸品の数々の他、美味しいものもたくさん並んでいます。

    昨年も購入して大好評だったパイを今年もゲット。

    保冷バッグもこのために!準備していきました。

     

     

    Dutch Desserts.com

     

    Fudgy Chocolate Tart, Pecan Pie, Peach and Raspberry Pieを購入。

     

    5インチという小ぶりのサイズだけれど、中身もパイ生地もぎっしりとdenseで中身が詰まっていて、大満足。

    チョコレートファッジパイは、美味しいブラウニーの一番美味しいところ!がたくさん詰まっている感じの嬉しさです。

     

    充実のクラフトフェア。

    明日も、娘とまた行く予定です。娘のお目当は昨年も食べたフレッシュレモネードと揚げたてポテトフライ。

    花より団子です〜〜。

    青空の下、芝生の広場で食べるとまた格別美味しいのもわかるけどね。

     

     

     

     

    スポンサーサイト

    • 2019.07.08 Monday
    • 09:56
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする(サイト管理者が承認するまではコメントは公開されません。個人情報が記載されている場合は公開はいたしません。)








          

      PR

      search this site.

              

      メール問い合わせ

           

      profile

      categories

          

      最新の記事

          

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM