スポンサーサイト

  • 2019.02.07 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    集中Baking講座 その2

    • 2018.08.12 Sunday
    • 11:29

    7月にマンハッタンのICE(the Institute of Culinary Education)で受講した5日間の集中ベーキング講座のご報告その2です。

     

    講習は毎日朝9時から。Westchesterの自宅からだと、7時ぐらいに家を出てバスで最寄駅まで。最寄駅と言っても、車でなら10分ぐらいですが歩くとなると結構な坂を登って下って35分ぐらい。Metro Northの駅から電車でマンハッタンのGrand Central Stationに行き、地下鉄に乗り換えてFulton St.駅まで。そこから徒歩10分ほどでICEのあるオフィスビルに到着します。

    はあ、通勤でこれを毎日やっているって大変だなぁと改めて働く皆様に敬意を表したのでした。(もちろんウチのパパも含め)

     

     

    実は1日目は講習の後も結構元気で、これだけ食べたんだから〜と(しかも糖の摂取でハイだったこともあり)駅から歩いて(!)帰りました。上り坂キツかった。大きなケーキのたくさん入った箱も持っていたし。頑張りました。

    でもさすがに連日はムリ。残りの4日間は、2日はバスで帰宅、1日は頑張って歩き、1日は大雨だったためタクシーで帰宅しました。もう4日目あたりはヘトヘトで、晩御飯の献立もついつい手抜きになってしまった。。。

     

    さて、話題をケーキに戻しましょう。

    2日目はスポンジケーキ、シフォンケーキなどのふんわり生地のケーキがテーマ。それから、昨日焼いたレイヤーケーキの生地を使って2段のレイヤーケーキを仕上げます。

    Coconut Raspberry Layer Cake

    Melissa's Chocolate Pecan Cake

    1942's Devil's Food Cake

    Delicate Vanilla Chiffon Cake

    Chocolate Chiffon Cake

    Walnut Chiffon Cake

    Angel Food Cake

    Sponge Cakes

     

    ベーキングパウダーやベーキングソーダの力を借りて膨らませるケーキではなく、卵の泡だて方や混ぜ方がとても大切になってくる種類のケーキ達です。ボウルの選び方、型の準備、泡だての手順、泡だて完了の見極め、粉類を混ぜ込む時のコツなどなど、自分でもある程度はわかっていたと思っていたことも改めて確認したり、新たに学んだり。充実のレッスン内容です。

     

    それぞれのレシピには「バリエーション」もあるので、私とパートナーとなったYolandaさん(メキシコ出身の背の高い若いお嬢さん。新婚さんかな?)とは、

    Lemon Chiffon Cakeと、Ginger Angel Food Cakeのクランベリー&ラズベリーソース添えHot Milk Spongeの3種を焼き、昨日のケーキ生地を使って2種類のレイヤーケーキを仕上げと大忙し。

     

     

    またまたお昼を食べるのも忘れてひたすら混ぜて、焼いていました。ちょっと休憩にコーヒーを(給湯室にあり無料で飲める)を取りに行ったら、「ここに載っているものは自由に食べていい」と先生が確か言ってたラウンジの銀色のテーブルに、美しいデザートが並んでいるではありませんか!

     

     

    実はこれらは、ICEのプロパティシエを目指すコースの受講生達の作品。

    さすがの出来栄えです。これはせっかくだからいただいてみなくちゃ!と、ベーキング講座の受講生達とシェアしながら美しいデザートを試食しました。

     

    さて、休憩も終わり、課題の2種類のレイヤーケーキも仕上げて(写真を撮り忘れました)やれやれと思っていたら 先生が「今回の受講生達はペースが早いわね。じゃあ、スポンジケーキのレイヤーも作っちゃいましょ!」ということでさらにもう1種類ケーキを仕上げることになりました。

     

    Kyra's Hot Milk Spong Layer Cake

     

    アーモンド風味のしっとりのスポンジに、ラズベリージャムを挟んで、仕上げは粉砂糖をふるいます。シンプルだけどエレガントなケーキです。私もジョランダさんも、almond extractの風味はちょっと苦手なので、試食して「アーモンドエクストラクト入れない方がいいね」と意見が合いました。

     

    この日も最後に他の班が作った様々な種類のケーキも一口ずつ試食、お持ち帰りパックも作り講習は終了。またまたお腹いっぱいで大荷物を抱えての帰宅です。

     

     

     

    ところがこの日は午後から雷雨の予報が当たって、帰りの時刻は外は土砂降り。一応折りたたみ傘は持っては来たけれど、地下鉄の駅まで歩くのも大変だなぁ、この荷物だし、、と思っていたら

    受講生の一人Janeさんが、「あら、Oculusの中を通って帰れば濡れずに地下鉄の駅までいけるわよ」と教えてくれて、ワールド・トレード・センターに新しくできたターミナル駅の中を初めて歩いて帰りました。

     

    Oculus NYC (Google Imageより)

     

    外観はこんな鳥が羽を広げたような?形をしています。中の通路はまるで恐竜の骨格の中を歩いているかのよう。なかなかにすごい建物です。建築中は屋根が雨漏りしたとか、テナントがなかなか入らないとか、工事の遅れなどあれやこれや問題がありましたが、斬新な壮大な建築物です。

     

    歩来ながら撮ったスナップ写真

     

    Google Imageより

     

    家に帰ったら、留守番の子供達が「今日は何を持って帰って来たの?」と楽しみに待っていてくれました。あれこれ一口ずつ食べてもらって、感想を聞くのもまた楽しい。

    ものすごい雷雨の午後でしたが、明日はきれいに晴れる予報です。

     

    JUGEMテーマ:手作りお菓子

    スポンサーサイト

    • 2019.02.07 Thursday
    • 11:29
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする(サイト管理者が承認するまではコメントは公開されません。個人情報が記載されている場合は公開はいたしません。)








          

      PR

      search this site.

              

      メール問い合わせ

           

      profile

      categories

          

      最新の記事

          

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM