ベーキング教室1月 Mississippi Mud Pie

  • 2019.02.06 Wednesday
  • 12:17

1月のベーキング教室では、ミシシッピ・マッド・パイを作りました。

 

マッドと言っても mad(=怒っている/気が狂った)ではなく、mud (=泥)です。ミシシッピの泥のパイ。Mississippi Mud Pie. さて、どんなお菓子でしょう?

 

 

「泥」はチョコレートを使って表現します。マッド・パイと言われるものには様々なバージョンがあって、中身もケーキだったりブラウニー生地だったりガナッシュだったりムースだったり。でも共通しているのは、チョコレートをふんだんに使った黒っぽい(泥っぽい)パイだということ。クラスト(パイ生地)部分にはチョコレートのビスケットを砕いて使うことが多いです。

 

私も、ナビスコNabiscoの Famous Chocolate Wafersというクッキー/ビスケットを使いました。

 

 

薄いチョコレートのクッキーです。味も食感も、OREO オレオの外側のチョコレートクッキーによく似ています。

 

 

 

これをフードプロセッサーで粉にして溶かしバターを混ぜてパイ皿に敷き込み、焼いてクラストを作ります。

 

 

‥‥真っ黒ですね。

 

焼きあがるとこんな↓感じ。相変わらず真っ黒です。

 

 

このクラストの上に、ブラウニーの様な生地を流し込んで焼きます。

 

 

焼きあがった直後に写真を撮ったので、少し膨らんでいますが冷めると少し縮んで落ち着きます。でもこれも真っ黒です。チョコレートに加えてDutch Processed Cocoa Powderが入っているので、色も濃くチョコレート風味も一段と強く。ねっとりとしたgooeyな食感のとても味わいの深いブラウニーです。

 

さて、このチョコレートブラウニーの上には何を乗せましょう?

ミシシッピ川の泥に積もる雪を表すというホイップクリームでもいいし、白いメレンゲでもいいし。

 

でもそれじゃあつまらないということで、今回は 単独で食べてもとても美味しい チョコレートムースを載せることにしました。

 

チョコレートムースにも様々な作り方があります。

ホイップクリームとチョコレートで作るもの、ゼラチンで作るものなど。フレンチのレシピにある本格的なムースは卵を使ってより軽く滑らかな食感にします。

 

卵を使うとき、フレンチでは生のままメレンゲにして混ぜ込みますが、アメリカでは基本的に卵は生で食べてはいけないとされています。なので今回も卵黄、卵白とも熱を加えて殺菌しながら利用します。

まずはバターとチョコレートを一緒に溶かし、この段階で卵黄も加えて湯せんにかけます。

次に卵白も湯せんにかけながら泡だてて加え、最後に別にホイップしておいた生クリームも加えて風味アップ&より軽く滑らかな食感に。

 

 

ムースは冷蔵庫で冷やすとより質感がしっかりとします。

たっぷりのムースをど〜んとブラウニーの上に載せます。

 

 

レッスンの時も、「えっ、全部載せるんですか?!」とびっくりされましたが、はい、全部載せました。

 

ちょっと凝りたければ、きれいに絞り出してもいいけれど

 

 

「泥のパイ」 なので、そんなにfancyにする必要もなく。

 

むしろムースもばばっと盛り付けて、上にクッキーを砕いて散らしたらはい出来上がり、って感じがちょうどいいのかも。何しろ子供の泥遊びがコンセプトと言われているんですから。

 

 

切り分けると、3層がきれいに見えます。食感も、クラストのサクサクガリガリ、ねっとり重いブラウニー、軽く滑らかなムースと三種類のハーモニーが楽しめます。甘さも控えめに仕上げましたが、チョコレートの風味はそれぞれの層にしっかりあるのでチョコレート好きの方には大変好評でした。

 

 

レッスンではミシシッピ・マッド・パイという名前の由来、チョコレートの扱いについて、ブラウニーを焼くときのコツについて、ミシシッピ川について、ナビスコ社についてなど お菓子にまつわることもまつわらないこともあれこれお話ししました。

どっしりとしたアメリカンなチョコレートパイなので、日本人の皆様の口に合うか少し心配だったのですが、とても美味しいと言っていただけました。試作を繰り返し、レシピを調整した甲斐がありました。

(味見役のチョコレート好きの息子は、この期間にちょっと太ったみたいです。)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アメリカンベーキングのレッスンを毎月開講しています。

毎月 平日午前開催

Scarsdale, NYの講師自宅にて

 

 

 

 

参加対象者:日本人のご婦人たち

レシピは英語ですが、日本語で解説しながら調理をいたします。

試食&お茶の時間には、お菓子にまつわる歴史や裏話もご紹介します。

英語とお菓子作りとアメリカの文化をいっぺんに楽しく学べる教室を目指しています。

 

ご興味のある方は、ブログのコメント欄から または右上のメールアイコンを使ってご連絡ください。

コメントは私が承認するまでは画面には表示されません。個人情報が記載されている場合は公開はいたしません。

 

これまでに作ったお菓子:

2017年1月/Old Fashioned Apple Pie 2月/Molten Chocolate Cake 3月/Irish Soda Bread, Guiness Cupcake 4月/Easter Icing Cookies 5月/Lemon Square, Salted Peanut Chews 6月/Pineapple Upside-down Cake 8月/Key Lime Pie 9月/Layered Carrot Cake 10月/Old Fashioned Apple Pie, Halloween Cupcake 11月/Pecan Pie 12月/Rugelach 2018年1月/Cranberry Swirl New York Cheesecake 2月/Brooklyn Blackout Cake Dessert Cup 3月/Fruits Tart and Tartlets 4月/Sour Cream Coffee Cake 5月/Lemon Meringue Pie 6月/American Cookies (Black & White Cookies, Triple Ginger Gingersnaps) 8月/Cheesecake Topped Brownie Bars, Pecan Bar Cookies 9月/Boston Cream Pie 10月/Apple Spice Cake, Old Fashioned Apple Pie 11月/Spiced Crust Pumpkin Pie, Pecan Pie 12月/St. André Walnut Cake, Mexican Wedding Cookies, Christmas Icing Cookies 1月/Mississippi Mud Pie

 

 

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

スポンサーサイト

  • 2019.07.08 Monday
  • 12:17
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする(サイト管理者が承認するまではコメントは公開されません。個人情報が記載されている場合は公開はいたしません。)








        

    PR

    search this site.

            

    メール問い合わせ

         

    profile

    categories

        

    最新の記事

        

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM