サイエンス・フェア

  • 2015.06.08 Monday
  • 12:55
子供達の学校で 息子の学年(7年生=日本の中学1年生)のサイエンス・フェア がありました。
「科学研究発表会」という感じです。

1ヶ月弱かけて研究&実験したことを発表パネル(presentation board)にまとめて展示、
さらに自分のパネルの前で研究したことについてプレゼンテーションをします。

研究テーマはそれぞれ自由に選べるということで、息子は
「翼の形による紙飛行機の飛び方の違い」的なことをテーマにしました。


人前で話すことはあまり得意ではありませんが、いちおうプレゼンもきちんと英語でやっていたので
良かったです。

他の子達の発表も聞かせてもらいました。
テーマも個性的で、「バナナが一番早く熟す環境は 冷蔵庫?室温?冷暗所?」とか、
「お天気によって人は気分が変わるか」など様々。面白いです。

こちらの生徒は、Wi-Fiが使えないのは電波を遮る物質があるためという仮説で
様々な材質を使って電波の届き方を調べています。


会場は体育館。
クラスごとに発表の時間が決まっているので、自分の子供の発表の時間に合わせて
親も見学に来ます。
高校生の先輩や、先生方が「採点ボード」を持って発表を聞いて回り、
最高評価の生徒は表彰されたり、地区の科学フェアへの参加資格が得られたりするそう。


男の子の選ぶテーマは面白い。
こちらの生徒は、「ビデオゲームで遊ぶ人は遊ばない人よりも反応速度が速い」という仮説を
検証する実験をしています。(結果:ゲーマーは反応速度が速い!)


息子の発表を見た帰りは、グラウンドの横を通って歩いて帰りました。
いい天気で、グラウンドの芝生も綺麗です。


 

スポンサーサイト

  • 2019.07.08 Monday
  • 12:55
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    さすが!息子くん頑張ってますね☆
    何だかIBっぽい?
    我が家の息子くんも同じ様な事を以前からやってます。自由な発想で親も楽しめますよね(^▽^)ノ
    我が家の息子くんクラスメートが今、事情がありアメリカへ。もうすぐ一旦帰国するのですが、年度内には家族で赴任。
    その家族も二度目の赴任なんですが、彼曰く。
    「海外の学生は勉強する事を楽しんでいる。」
    ん〜、妙に納得!な言葉でした。
    • campanulajp
    • 2015/06/11 1:43 AM
    コメントする(サイト管理者が承認するまではコメントは公開されません。個人情報が記載されている場合は公開はいたしません。)








        

    PR

    search this site.

            

    メール問い合わせ

         

    profile

    categories

        

    最新の記事

        

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM