スポンサーサイト

  • 2019.07.08 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    Old Croton Aqueduct クロトン旧水道路

    • 2015.09.14 Monday
    • 23:06
    Old Croton Aqueduct at Ossining - Weir Tour】

    ウエストチェスターの西側 ハドソン川に沿って、マンハッタンのミッドタウンまでずっと続いている旧水道路があります。1837年に建設が始まったこの水道路は、その当時人口がどんどん増加するに連れ、質の良い生活用水に貧窮するようになったマンハッタン市内に、ウエストチェスターの北にある湖から水を引くために造られました。

    1842年にようやく完成した水道路は、石造りのローマの水道設備と同様に石やレンガを積み上げて作られたトンネルや橋から成る全長41マイルに及ぶ大建造物です。しかも、まだ建設機材の発達していない時代に、一つ一つレンガを積み上げ、固い岩盤を手作業で掘り抜きつくったというのですから、その大変さが偲ばれます。

    その旧水道路は、新しい水道路ができたのちHistoric Parkとして保存され、トレイルルートや公園として利用/管理されています。
    http://nysparks.com/parks/96/details.aspx
    www.aqueduct.org


    今回、Old Croton Aqueduct at Ossining - Weir Tourという無料のガイドツアーがあるというので、9月の最初の土曜日に家族で参加しました。
    Weirというのは、水道路の途中にある堰(せき)のことです。水道路の補修などをするときに、途中のweirで水をせきとめたそうです。

    集合場所はOssiningにあるJoseph Caputo Community Center (95 Broadway, Ossining, NY 10562)。ここで水道路の歴史概要を学ぶビデオを見てから、センターのすぐ近くにあるDouble Arch Bridgeを見に行きます。


    水道路は、高低差を利用して水を流す仕組みのため(ポンプなどは使用しないのです。すごい建築技術!)なるべくまっすぐに、ゆるやかな傾きを保つように造られました。(13インチ/マイルの高低差)

    そのため、Sing Sing Kill (別名Nepperhan River / Saw Mill River)が流れるこの場所では、二重のアーチに橋を造って水道路を通しました。写真は、下を流れるSaw Mill River. 今私たちが立って緑のTシャツのガイドの男性の説明を聞いているのが一つ目のアーチ橋の上。そして眼前に見えているのが二つ目のアーチ橋、水道路です。


    ここからすぐのところに、weir堰(せき)があり、通常は入れないその建物の中を見学させてもらいました。
    こちらは、水を堰き止めるためのゲートです。(現在はもう新しい水道路ができたため、この水路は使われていません。)

    旧水路の中。

    馬の蹄のような、卵型のようなアーチ状のトンネルがずっと続いています。力学的にこの形が一番水路に適しているのだそう。レンガはWestchester郡にレンガを焼く工場が当時いくつも造られたそうです。

    反対側は、固い岩盤を掘り抜いてトンネルを造っています。掘削機などがない時代、手作業で掘り進んだそうです。

    そんな水道路の歴史ツアーに参加した後は、水源のあるダムの公園まで移動。車でだと10分ほどです。
    広々とした芝生の広場があり、ピクニックには最適。バーベキューのできるエリアもありました。

    このダムは新しく作られたもので、当初建設された古いダムは今は水の底に沈んでいます。
    ダムまで続くトレイルルートを歩く/走るというのも楽しそうですね。

    おまけ:ツアーの集合場所のJoseph Caputo Community Center (95 Broadway, Ossining, NY 10562)には、旧Sing Sing Prison 旧シングシング刑務所に関する展示も充実しています。刑務所にも清潔な水を引くため、水道路の支線を作る作業に当時の囚人たちが従事したそうです。アメリカの囚人というと、漫画などで縦縞の衣服に鉄の玉を足につけているイラストなどを見ますが、実際にあったんだなぁとわかります。

    こちらの刑務所関連の展示もなかなか興味深いです。

    この旧Sing Sing Prisonのミュージアムを新たにつくるという計画が先日発表されました。
    http://westchester.news12.com/news/officials-announce-plan-for-sing-sing-prison-museum-1.10820502
    現Sing Sing Correctional Facilityからほど近い旧発電所の敷地を利用するようです。

    スポンサーサイト

    • 2019.07.08 Monday
    • 23:06
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする(サイト管理者が承認するまではコメントは公開されません。個人情報が記載されている場合は公開はいたしません。)








          

      PR

      search this site.

              

      メール問い合わせ

           

      profile

      categories

          

      最新の記事

          

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM