スポンサーサイト

  • 2019.07.08 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    SAT/ACT アメリカの大学進学に向けて

    • 2017.06.28 Wednesday
    • 10:17

    アメリカの学校は長い長い夏休みに入りました。

     

    娘は11年生も終わり、夏休み後には12年生になります。
    日本の学校で言うところの高校3年生にあたる学年です。

     

    11年生の一年は大学進学に向けての重要な一年で、色々と大変でした。

    アメリカの大学に入学するには、まず College Application いわゆる「入学願書/応募書類」の準備/提出が必要となります。ここで提出する書類は主なものは以下の通り。


    SAT I / SAT II / ACT などの共通テストの成績
    高校4年間の成績表
    課外活動の実績
    推薦状
    エッセイ

    日本の大学入試はまだまだ入学試験の点数だけで評価される部分が大きいので、様々な側面から人物評価をしてくれるアメリカの大学入試は良いという評価もあります。
    でも裏を返せば、すべての側面で優秀でないと、上位の大学では受け入れてもらえないということでもあります。


    学校でも成績優秀、ボランティア活動や生徒会活動も活発に行い、お稽古事やスポーツでも大会で入賞する、人物的にも優れた生徒でないとまずアイビーリーグやトップランクの大学への進学は難しいと言われています。とても厳しいです。

    娘もこれらの点でも自分のベストを尽くすべくあれこれ頑張ってきました。

    特に11年生の時の課題は、共通テストで好成績を出すことでした。

     

    ACT American College Test

    SAT Scholastic Aptitude Test 大学進学適性試験

    のいずれかを選択するのですが、娘はSATを受験しました。SATはだいたい月に1回程度実施されます。

     

    基本は Math と、Reading/Writing の2教科。各800点満点です。(数年前までは3教科、2400点満点)

    これにEsssay Writingを追加することもできます。

    また、SAT II Subject Testという、科目ごとの試験もあります。

    特に理系の学部を受験する場合、Math IIやChemistry, Biologyなどの理科系の科目試験も受験して好成績を出すことが大学へのアピールに繋がります。

     

    通常は2回ぐらいの受験が推奨されています。

    毎月受けたって別に構わないものなのですが、大学側から見れば「準備不足で数打ちゃ当たると思ってる」という印象になりかねないので、2回で好成績を出すことが望ましいのです。

     

    娘は結局3回受けました。

    数学は満足できる点数だったけど、どうしても英語の点数が目標に今一歩届かず、3回チャレンジ。

    3度目の試験の結果はまだ出ていませんので、ドキドキしながら待っています。

     

    たいていの大学は Super Score と言って、数回受験したうちの一番良い成績を各科目で採用してくれます。

    例えば

    1回目 Math 650   Reading/Writing 700

    2回目 Math 700   Reading/Writing 650

    なら、

    スーパースコア後は両方の科目とも700点、合計1400/1600点となります。

     

    いわゆるアイビーリーグやトップランキングの大学を受験するなら、例えば Harvard ハーバードや Yale イェールなら、

    合格者のスコアレンジは1480〜1600点と言われています。

     

    そしてこれに前述の、学業成績、エッセイ、ボランティア活動の実績、学内活動の実績、表彰歴、推薦状、などなど

    様々な要素をプラスして行かないと、SATで満点とったから合格〜♫ みたいなわけには決してならないのです。

     

    学校の授業でも、授業中のディスカッションへの参加度、宿題、テストなどあらゆる点で評価されるし

    部活動も掛け持ちして忙しいし

    学外で続けてきたピアノの検定やら発表会やら

    果ては「帰国生受験」も視野に入れてのTOEFL受験など、

     

    やることはキリがありません。

     

    その合間に大学の見学にも行きました。

    11年生の間の休暇(春休み、冬休みなど)はほとんど娘の大学見学ツアーに終始。

    主に北東部の州の学校を見て回りました。

     

    11年生が終わって12年生になるこの夏休みは、ボランティア活動と

    何よりエッセイに力を入れなくては。

    早期出願するならば11月1日が締切日なので、それまでに第一志望の大学のためにしっかりとしたエッセイを書かなくてはなりません。

     

    まだSAT II Subject Testも残っているし、気が抜けないですね。

     

    よく「日本の大学は入るのが大変」「アメリカの大学は入るのは簡単だけど卒業するまでが大変」なんて聞きますが、

    入るのも大変です。(当たり前か。)

    夏休みに入りましたが、今日も娘は午後から塾の夏期講習。

    もちろん日本の高校3年生も夏休みは予備校や受験勉強でとても忙しいと思います。

    日本の同級生達も頑張っているので、娘にとっても励みになります。

    お互いにベストを尽くせるように頑張りましょう♫

     

    スポンサーサイト

    • 2019.07.08 Monday
    • 10:17
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする(サイト管理者が承認するまではコメントは公開されません。個人情報が記載されている場合は公開はいたしません。)








          

      PR

      search this site.

              

      メール問い合わせ

           

      profile

      categories

          

      最新の記事

          

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM