スポンサーサイト

  • 2019.07.08 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ベーキング教室 10月 アップルパイ アンコール講習

    • 2018.11.09 Friday
    • 12:43

    10月のアメリカン・ベーキング教室では、Apple Spice Crumb Cake の他に、アップルパイのレッスンも開催しました。

    Old Fashioned Apple Pieはアメリカの「おふくろの味」と言ってもいい、素朴な昔ながらのお菓子です。

     

    以前にもレッスンで扱ったのですが、その時にも大変好評で、受講できなかった方から「またぜひ開催して欲しい」とたくさんリクエストをいただいていたのでアンコール講習開催となりました。

     

     

    とにかくたっぷりのりんごを使います。

     

     

    この日はGranny Smith, Godlen Delicious, Honey Crispの3種類をミックス。

     

    一から作ったパイ生地の中に、これでもか!というぐらいのりんごをぎっしりと詰め込みます。

     

     

     

    上の生地をかぶせて成形します。

     

     

    上にとき卵egg washを塗って、Demarara Sugar粗糖を振りかけます。

     

     

    オーブンで1時間以上かけて焼き上げると、それはそれは美味しいパイの完成です。

     

     

    焼いている間も、パイ生地のバターの香りと甘酸っぱいりんごの香りが家中に広がって、幸せ〜♬

     

    でもまだ熱いうちに切り分けてしまうと崩れやすい&煮汁が固まっていないので、冷めるまでじっとガマン。

    写真でも撮っておきましょう。。。

    素朴な赤のギンガムチェックがこのパイの雰囲気にはぴったりですね。

     

     

    ほんのりと暖かいぐらいになったら、冷たいバニラアイスクリームと一緒にいただきます。

     

     

    このパイをほおばる時は、忙しいことも疲れたことも息子をガミガミ怒っていたこともダイエットのことも全て忘れて、こよなく幸せな気分になること間違いなし。私のソウルフードと言ってもいいかも。。。

     

    昨年他界した父が実はアップルパイが好物だったのです。生前はあまり作ってあげる機会も無かったなぁ。残念です。

    アップルパイを作る&食べるたびに、父のことを思い出しながら感謝しながらこの幸せを味わいますね。

     

    それから、ニューヨークで娘を出産した時に生後数ヶ月の孫の顔を見に日本から訪ねてきてくれた義母が、昔カナダに住んでいた時にお友達のイブリンさんに習ったというアップルパイをレシピも無しにちゃっちゃと作ってくれて、大感激したこともありました。

     

    赤ちゃんの世話でてんてこ舞い&寝不足気味の私に「何が食べたい?作ってあげるから」と言ってくれて、わがままにもアップルパイと言った私のリクエストをちゃんとかなえてくれて。。。愛情たっぷりの味、忘れられません。

     

    これからもたくさんたくさんのアップルパイを作っていきましょう。

    おばあちゃんになった時に、孫に食べさせてあげたいな〜♬

     

    JUGEMテーマ:手作りお菓子

    ベーキング教室 10月 Apple Spice Cake

    • 2018.11.07 Wednesday
    • 11:45

     

    10月のベーキングレッスンでは Apple Spice Crumb Cake を作りました。

     

     

    りんご狩りの季節にりんごをたっぷりと使って。また気温が少し下がってくる頃なので、体を温める効果のある秋のスパイスもたくさん入れて焼きます。

     

    りんごは青リンゴのGranny Smithを使いました。グラニースミスは皮も固く、そのまま食べるには結構酸っぱく果肉も硬めです。でも加熱すると甘くなり、型崩れしにくいのでアップルパイには最適と言われています。

     

     

    まずはりんごの準備。皮をむいて芯を取り、スライスしておきます。

     

    それから型の準備。今回は8インチの四角い型を使います。焼き上がったときにケーキを取り出せるように型にバターを薄く塗り、parchment paperを敷いておきます。

     

    別々のボウルに粉類 (Dry ingredients)と 液体類(Wet ingredients)をそれぞれ準備。

     

     

    DryとWetを混ぜ合わせ、生地に混ぜ込むように小さく刻んだりんごとドライクランベリーを加え、型に流してさらに上にスライスしたりんごを並べます。

     

     

     

    刻んで生地に混ぜ込む分と、スライスして上に載せる分とりんごを2箇所でたっぷりと使います。分量のりんご全部を生地に混ぜ込んでしまうと、べちゃっとした焼き上がりになってしまうのです。でもこうして上に載せるとりんごの食感が残り美味しさもアップ。

     

    さらにりんごの上にはたっぷりとクラムというそぼろ状の生地を載せます。Crumb toppingまたはStreuselと言われるこのポロポロしたそぼろは、小麦粉とバターと砂糖を混ぜたもの。レシピによっては底にスパイスが入ったり、ナッツが入ったりすることも。

     

     

     

    溶かしバターを使うレシピだと本当に簡単にできます。このクラムは焼きあがるとサクサクポロポロして良いアクセントになります。お好みで倍量のクラムを載せてもOK。

     

    オーブンで焼いていると、りんごの香りとスパイスの香りがしてとても美味しそう。焼きあがるのが待ちきれません!

     

    型のまま冷ましたら、型から取り出します。

     

     

     

     

    もちろんこのままでもとっても美味しいのですが、もう一味グレードアップ!ということで、電子レンジで作るキャラメルソースもご紹介しました。

     

    カラメルは小鍋で煮詰めて作ると、焦がしてしまったりすることもありなかなか難しいのですが電子レンジなら少量でもとても簡単にできます。

     

     

    このキャラメルソースをアップルケーキにかけて食べます。

     

     

     

    りんごがちょうどいい食感に焼きあがっています。ケーキの部分はスパイスが香ばしく、クラムはサクサクとしたアクセントに。

    簡単でとっても美味しい秋のケーキ、レッスンにご参加いただいた皆さんにも大好評でした。

     

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    アメリカンベーキングのレッスンを毎月開講しています。

    毎月 平日午前開催

    Scarsdale, NYの講師自宅にて

     

     

    参加対象者:日本人のご婦人たち

    レシピは英語ですが、日本語で解説しながら調理をいたします。

    試食&お茶の時間には、お菓子にまつわる歴史や裏話もご紹介します。

    英語とお菓子作りとアメリカの文化をいっぺんに楽しく学べる教室を目指しています。

     

    ご興味のある方は、ブログのコメント欄から または右上のメールアイコンを使ってご連絡ください。

    コメントは私が承認するまでは画面には表示されません。個人情報が記載されている場合は公開はいたしません。

     

    これまでに作ったお菓子:

    2017年1月/Old Fashion Apple Pie 2月/Molten Chocolate Cake 3月/Irish Soda Bread, Guiness Cupcake 4月/Easter Icing Cookies 5月/Lemon Square, Salted Peanut Chews 6月/Pineapple Upside-down Cake 8月/Key Lime Pie 9月/Layered Carrot Cake 10月/Old Fashioned Apple Pie, Halloween Cupcake 11月/Pecan Pie 12月/Rugelach 2018年1月/Cranberry Swirl New York Cheesecake 2月/Brooklyn Blackout Cake Dessert Cup 3月/Fruits Tart and Tartlets 4月/Sour Cream Coffee Cake 5月/Lemon Meringue Pie 6月/American Cookies (Black & White Cookies, Triple Ginger Gingersnaps) 8月/Cheesecake Topped Brownie Bars, Pecan Bar Cookies 9月/Boston Cream Pie

     

     

    JUGEMテーマ:手作りお菓子

    ベーキング教室 9月 Boston Cream Pie

    • 2018.10.01 Monday
    • 21:49

     

    アメリカン・ベーキング教室 9月のレッスンでは、ボストン・クリーム・パイ Boston Cream Pie を作りました。

     

    2枚のスポンジケーキの間にカスタードクリームを挟み、チョコレートグレーズで仕上げたケーキです。

     

     

    あら?パイという名前なのにどう見てもケーキ??

    そう、実はこのケーキが初めて焼かれた1856年ごろは、パイとケーキという呼び分けが曖昧だったそうです。また、2枚のパイ皿を使って2層のスポンジケーキを焼いていたということから、クリームパイという名前が定着しました。

     

    ボストン・クリーム・パイの元祖はBoston市内にある パーカー・ハウス・ホテル(現 Omni Parker House Hotel)です。1856年の創業当時からこのケーキを提供していたそうです。レッスンではこのパーカー・ハウス・ホテルのシェフがボストンクリームパイ と、ホテルのウンチクを語ってくれている動画もご紹介します。

     

    アメリカの一般的なレシピだと、9インチの型を二つ使ってスポンジを2枚焼き2層のレイヤーケーキにするのですが、流石にそれは大きすぎるということで今日は8インチ(約21センチ)の型で焼いたものを2枚にスライスして使います。

     

     

    ケーキ生地には色々な作り方/様々なレシピがありますが、今回は Hot Milk Sponge というタイプのケーキ生地。

    全卵を泡だてたところに温かいミルクと溶かしバターを加えます。粉にはベーキングパウダーも加えるので、ふんわりしっとりとした生地に焼き上がります。

     

    この生地を横に2枚にスライスして、たっぷりのカスタードクリームを挟みます。

     

     

    プルプルとろ〜りのカスタードクリームは、切り分けた時にぎりぎり形を保てるぐらいの柔らかい食感。そこが美味しいのです。

     

     

     

    カスタードを挟んだケーキは、一旦冷蔵庫に入れ休ませます。冷やしている間に、上にかけるチョコレートグレーズ作り。

     

     

    チョコレートグレーズは、ケーキの縁から少し垂れてくるぐらいが理想的!コーンシロップが入っているおかげで、艶のあるグレーズになります。

     

    柔らかいケーキなので切り分けるときも慎重に。。

     

     

    真ん中のカスタードが、少しはみ出してくるぐらいのとろけ具合がなんとも言えず美味しそう!

     

    ラム酒も風味づけに使っているし、チョコレートもビタースイートのものを使うのでちょっと大人っぽいケーキ?とも思いましたが、スポンジにカスタードにチョコレートとくれば、もちろんお子さん達にも大好評でした。

     

     

    もしお友達のおうちに持って行きたいならば、ケーキの形だと崩れやすいかもしれませんので、こんな風に↓カップに層にして入れたカップデザートにしてもいいかもしれませんね。

     

     

    ボストンに行ったらぜひパーカー・ハウス・ホテルで、元祖の味を確かめてみて下さい。

     

    ボストンへはつい最近旅行に行きましたが 大都市なのにニューヨークとはまた違う歴史の重みを感じさせる素敵な街です。訪れるのは今回が3回目でしたが、見どころもたくさんあり飽きることがありません。

     

    公共図書館の館内を見学し(無料ツアーあり)、内部の装飾や素晴らしい壁画に圧倒されました。

     

     

     

    この図書館と向かいあって建つTrinity Churchも内部を見学しました。

    こちらも素晴らしい建築物です。

     

     

    歴史のある野球場、Fenway Parkで BOSTON Red Soxの試合も観戦しました。

     

     

    美味しいものもたくさんいただいたのですが、残念ながらボストンクリームパイ を食べるチャンスが無かった!

    心残りのまま帰路につき、仕方なく(?)高速道路沿いのサービスエリアにあるDunkin' Donutsで

    Boston Kremeという名前のドーナツを食べてやや満足。。。いや不満足。。。

     

     

    結局、家に戻ってから自作のボストンクリームパイ を食べました〜〜。

     

     

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    アメリカンベーキングのレッスンを毎月開講しています。

    毎月 平日午前開催

    Scarsdale, NYの講師自宅にて

     

     

    参加対象者:日本人のご婦人たち

    レシピは英語ですが、日本語で解説しながら調理をいたします。

    試食&お茶の時間には、お菓子にまつわる歴史や裏話もご紹介します。

    英語とお菓子作りとアメリカの文化をいっぺんに楽しく学べる教室を目指しています。

     

    ご興味のある方は、ブログのコメント欄から または右上のメールアイコンを使ってご連絡ください。

    コメントは私が承認するまでは画面には表示されません。個人情報が記載されている場合は公開はいたしません。

     

    これまでに作ったお菓子:

    2017年1月/Old Fashion Apple Pie 2月/Molten Chocolate Cake 3月/Irish Soda Bread, Guiness Cupcake 4月/Easter Icing Cookies 5月/Lemon Square, Salted Peanut Chews 6月/Pineapple Upside-down Cake 8月/Key Lime Pie 9月/Layered Carrot Cake 10月/Old Fashioned Apple Pie, Halloween Cupcake 11月/Pecan Pie 12月/Rugelach 2018年1月/Cranberry Swirl New York Cheesecake 2月/Brooklyn Blackout Cake Dessert Cup 3月/Fruits Tart and Tartlets 4月/Sour Cream Coffee Cake 5月/Lemon Meringue Pie 6月/American Cookies (Black & White Cookies, Triple Ginger Gingersnaps) 8月/Cheesecake Topped Brownie Bars, Pecan Bar Cookies 

    JUGEMテーマ:手作りお菓子

    ベーキング教室 8月 Bar Cookies

    • 2018.09.13 Thursday
    • 05:51

     

    7月は夏休み期間ということで、ベーキング教室もおやすみとさせていただきました。

    8月の後半には二ヶ月ぶりの教室開催。

     

    今回は2種類のBar Cookiesを焼きました。

     

    バークッキー というのは、大きな四角または長方形の型で焼いたお菓子を、あとから長方形(または四角でも)のバーの形に切り分けるというもの。アメリカンなおやつとしてまず思い浮かぶブラウニーもこのバークッキーの一種です。

     

    ナッツをキャラメルで固めたようなもの、クッキー生地のもの、ケーキのようなもの、フルーツやジャムを使ったものなど種類は数限りなくあります。大きく焼いて人数やお好みに合わせて好きな大きさに切り分けるというのがいかにも合理的なアメリカらしいお菓子。

     

    レッスンで作った1種類目は、Cheesecake Topped Brownie Bars

     

     

    その名の通り、ブラウニーの上にチーズケーキが乗っている一粒で2度美味しい?バークッキーです。

    切り分けて手で持って食べられるというのが気軽に楽しめるバークッキーの魅力なので、ブラウニーとチーズケーキのしっとり感は残しながらも、形が崩れない、切り分けやすいレシピにするのに苦労しました。

     

    試作を繰り返した甲斐あって、チョコレートの風味豊かなそしてチーズケーキの滑らかさも楽しめるお菓子となりました。

     

    ブラウニーは、アメリカでは子供がお菓子づくりに挑戦する時にまず作ってみるものではないでしょうか。(Jelloのゼリーパウダーをお湯で溶かすゼリーの次かな?)

    スーパーマーケットでもブラウニーミックスをよく見かけます。粉とココアとお砂糖に卵やオイルを足して混ぜて型に流せば簡単にできてしまいます。生地を膨らませるケーキと違って、混ぜ方のコツがほとんどいらないので、簡単に思えるのでしょう。

     

    でも今回のレシピではココアパウダーの他に、ダークチョコレート(unsweetened chocolate)をコーヒーで溶かしたものも加えて風味アップ。コーヒーはチョコレートの風味に深みを与えるという意味でよく使われる隠し味です。そしてオイルではなくバターを使い、間違いなしの美味しさに。

     

     

    上記の材料をぐるぐる〜っと混ぜて型に広げ、焼きます。

     

     

    そして上に乗せるチーズケーキの用意。こちらも材料はいたってシンプルです。

    お砂糖、バニラ、クリームチーズ、卵、サワークリーム、小麦粉

     

     

    二層に焼きあがるとこんな感じ↓

     

     

    型から取り出せるように、アルミホイルなどを敷いておくのをお忘れなく。

     

    最後に溶かしたチョコレートで飾って切り分ければ完成!

     

     

     

    レッスンでは、夏休みということもありお子さん達も一緒に参加された回がありました。

    小学生の女の子達が、この飾り付けを楽しんでやってくれました。

     

     

     

    こんな可愛いデザインに!切り分けるのがもったいなかったのですが、味見&お持ち帰りもしなくてはということでカットしました。なかなか個性的な感じに仕上がりました。

     

     

    味の方も、チーズケーキはあまり好きでは無いと言っていた女の子が、これは美味しい!とおかわりしてくれて大好評。チョコレートの味も深みがあって甘すぎません。冷たく冷やしても美味しいです。

     

     

    さてもう1種類のバークッキーは、ガラリと雰囲気の違う

    Pecan Bar Cookies

     

     

    ショートブレッドのようなサクサクのクッキー生地に、キャラメルで固めたピカンナッツがぎっしりと乗っています。

     

    このような ナッツをキャラメルで固めるお菓子を作るときは、本来は砂糖を煮詰めてカラメル状に焦がしていき、そこに生クリームなどを注いでキャラメルを作りまだ熱いうちに急いでナッツを混ぜ込んで型に広げて、ということをしなくてはなりません。カラメルの出来具合の見極めも難しく、(飴用の温度計を使用する)またとても熱く煮詰めた砂糖を扱うので少々危険!でもあります。

     

    でも今回のレシピは、そんな手間を使わずにブラウンシュガーやメイプルシロップ、そしてダークコーンシロップを組み合わせて風味豊かなキャラメル風の層を作ってしまうので失敗知らず

    お子さん達と一緒に作るのも簡単です。中に入れるナッツは他のものでもいいし、ドライフルーツやシリアルなどを入れて様々なバリエーションを作ることもできます。そして仕上がりはとても美味しいのです。

     

     

    全く趣の異なる2種類のバークッキー レッスンに参加された皆様に大変喜んでいただけました。

    切り分けたものを冷凍保存しておくこともできますので、いっぺんに作っても大丈夫!

    この2種類のレシピはどちらも8インチ角の同じ型で作れます。

     

    以前はマシュマロでライスクリスピーとピーナッツを固めるバークッキーと、レモンスクエアをご紹介しました。

    2017年5月のレッスンの記事に詳しく書いています。

    http://okinakiny2.jugem.jp/?eid=106

     

    他にも色々な種類のバークッキーがありますので、ぜひ挑戦してみてください。

     

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    アメリカンベーキングのレッスンを毎月開講しています。

    毎月 平日午前開催

    Scarsdale, NYの講師自宅にて

     

     

    参加対象者:日本人のご婦人たち

    レシピは英語ですが、日本語で解説しながら調理をいたします。

    試食&お茶の時間には、お菓子にまつわる歴史や裏話もご紹介します。

    英語とお菓子作りとアメリカの文化をいっぺんに楽しく学べる教室を目指しています。

     

    ご興味のある方は、ブログのコメント欄から または右上のメールアイコンを使ってご連絡ください。

    コメントは私が承認するまでは画面には表示されません。個人情報が記載されている場合は公開はいたしません。

     

    これまでに作ったお菓子:

    2017年1月/Old Fashion Apple Pie 2月/Molten Chocolate Cake 3月/Irish Soda Bread, Guiness Cupcake 4月/Easter Icing Cookies 5月/Lemon Square, Salted Peanut Chews 6月/Pineapple Upside-down Cake 8月/Key Lime Pie 9月/Layered Carrot Cake 10月/Old Fashioned Apple Pie, Halloween Cupcake 11月/Pecan Pie 12月/Rugelach 2018年1月/Cranberry Swirl New York Cheesecake 2月/Brooklyn Blackout Cake Dessert Cup 3月/Fruits Tart and Tartlets 4月/Sour Cream Coffee Cake 5月/Lemon Meringue Pie 6月/American Cookies (Black & White Cookies, Triple Ginger Gingersnaps) 

     

    JUGEMテーマ:手作りお菓子

    ベーキング教室6月 American Cookies 2

    • 2018.06.24 Sunday
    • 07:28

     

    6月のアメリカン・ベーキング教室では、アメリカン!なクッキーを2種類作りました。

    Black and White Cookies と、Gingersnaps

    この記事では、Gingersnapsについてご紹介します。

     

    We made two kinds of American cookies in June lesson. Black and White Cookies, and Gingersnaps. This article is about the Triple Ginger Gingersnaps!

     

     

    ジンジャースナップはその名の通り、ジンジャー 生姜の入ったクッキーです。

    シナモンなどのスパイスも入って、香ばしくちょっと辛みの利いたクッキー。お紅茶やバニラアイスクリームなどと相性バッチリ。もしかするとお酒のおつまみにもいいかも?

    スナップ snap というのは、パキン、ポキンと割れ(折れ)るような感じを表す言葉。本来のジンジャースナップは、薄くてかたいクッキーだったりもするのですが、今回のレシピは外はカリッと、中はややしっとりした感じに焼き上がります。

     

    Gingersnap -- as its name suggests, is a cookie that has ginger in it. It also has lots of spices like cinnamon, and has a spicy and pungent flavor. It goes well with tea or vanilla ice cream. You may even want to have it with some alcoholic drinks.

    the word "snap" means it's crispy and cracks, unlike soft, chewy cookies. However, this recipe makes cookies that are crispy on the outside and slightly soft and chewy on the inside. The kind American people like!

     

    実は今回のレシピは、Triple Ginger Gingersnap!

    生姜がトリプルで入っています!

    This recipe uses three different kinds of ginger.

     

     

    生の生姜をすりおろしたもの、powdered ginger/ground ginger(しょうがパウダー)、そして candied ginger 生のしょうがを砂糖シロップで煮て乾燥させたもの の3種類です。 Freshly grated ginger, powdered ginger and candied ginger.

     

    キャンディド・ジンジャーは乾燥させるときにまわりにグラニュー糖をまぶしたCcrystallizedというものもありますが、私はTrader Joe'sで売っているこの↓ Uncrystallized Candied Gingerが好き。お菓子の素材として使うほか、このままかじって食べても良し。辛みと甘みがなかなかクセになります。

    Some candied ginger are crystallized with granulated sugar but I like Trader Joe's Uncrystallized Candied Ginger. It can be used as an ingredient for baking/cooking, or you can eat it just as is. Love the sweet and spicy taste. 

     

     

    このキャンディド・ジンジャーを刻んで生地に混ぜ込みます。スパイスとパンチの利いた味のクッキーは、ブラウンシュガーの甘さとのバランスも良くとても美味しいのです。Candied gingers are finely chopped and mixed into the cookie dough. The spicy and sharp flavor creates a very good balance between the sweetness of brown sugar.

     

    そしてもう一つ モラセス Molassesというものも材料に使います。Another interesting ingredient in this cookie is: Molasses.

     

     

    まさに日本の黒蜜!のようなこのモラセス(廃糖蜜)を加えることにより、味に独特の深みと風味が加わります。しょうがと黒蜜なんて、実は結構日本的?な材料のジンジャースナップ。焼きあがると表面にひび割れCrackleができるのも特徴的。

    Molasses is unfamiliar ingredient to most Japanese, but in Japan we actually have something very similar: KUROMITSU. Molasses adds a characteristic deep, mellow flavor to this cookie. Ginger and Kuromitsu (=Molasses) may be very Japanese, actually. The crackles appear on top of the cookies are so pretty, don't you think?

     

     

    ついつい食べすぎてしまわないように、焼くのは食べる分だけにして、残りの生地は冷凍保存という方法もあります。

    保存方法は、こちらの記事をご参考に。→ http://okinakiny2.jugem.jp/?eid=123

    Not to bake and eat too many cookies at once, here is a tip to keep the rest of the dough in freezer. This way, you can bake just few cookies whenever you want to have some.

     

     

    体を内側から温め、血液の循環を良くし、消化促進効果もあるしょうがと、ミネラル豊富なモラセス。体にもいいかもしれない?しょうがクッキーをぜひ作ってみてください。

    Ginger creates internal body heat and stimulates the blood flow. It also has a good effect on digestion. Molasses is rich in mineral. Great things for your health! So, why not bake and eat gingersnaps?!

     

    American Cookiesと題した6月のベーキング・レッスン

    Black and White Cookies と、Triple Ginger Gingersnaps はどちらも大好評でした。アメリカンなクッキーといえば真っ先に思い浮かぶのはチョコレートチップクッキーですが、それはまたの機会に。。。

    In June, two American Cookies were the lesson topic.

    Some may say, THE American cookie is of course Chocolate Chip Cookies! 

    Wait for another Blog post about C-C-C!! It's coming!

     

     

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    アメリカンベーキングのレッスンを毎月開講しています。

    毎月 平日午前開催

    Scarsdale, NYの講師自宅にて

     

     

    参加対象者:日本人のご婦人たち

    レシピは英語ですが、日本語で解説しながら調理をいたします。

    試食&お茶の時間には、お菓子にまつわる歴史や裏話もご紹介します。

    英語とお菓子作りとアメリカの文化をいっぺんに楽しく学べる教室を目指しています。

     

    ご興味のある方は、ブログのコメント欄から または右上のメールアイコンを使ってご連絡ください。

    コメントは私が承認するまでは画面には表示されません。個人情報が記載されている場合は公開はいたしません。

     

    これまでに作ったお菓子:

    2017年1月/Old Fashion Apple Pie 2月/Molten Chocolate Cake 3月/Irish Soda Bread, Guiness Cupcake 4月/Easter Icing Cookies 5月/Lemon Square, Salted Peanut Chews 6月/Pineapple Upside-down Cake 8月/Key Lime Pie 9月/Layered Carrot Cake 10月/Old Fashioned Apple Pie, Halloween Cupcake 11月/Pecan Pie 12月/Rugelach 2018年1月/Cranberry Swirl New York Cheesecake 2月/Brooklyn Blackout Cake Dessert Cup 3月/Fruits Tart and Tartlets 4月/Sour Cream Coffee Cake 5月/Lemon Meringue Pie 

     

    JUGEMテーマ:手作りお菓子

    PR

    search this site.

            

    メール問い合わせ

         

    profile

    categories

        

    最新の記事

        

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM